Case: Visit family. Stay with us.

年末年始のホリデーシーズン。帰省をする方も多いかと思いますが、義実家や親戚の家に泊まるのは何かと気を遣うものですよね。

特に居心地が悪いのが、その家でペットを飼っている場合。そのペットの躾がなっていなかったり、そもそも動物自体が苦手だったとしても、お世話になっている手前、なかなか言い出せない…なんてことも。

そんな“あるある”を上手く活かしたのが、欧米を中心にアプリダウンロード数2,500万件を突破し、最近話題を集めている、宿泊直前のホテル予約サービス・HotelTonight。日替わりで当日のホテルの空室が紹介され、簡単に、そして最大70%オフという手ごろな値段で部屋を予約することができるホテル予約サービスです。

同社がFacebookやTwitterに出稿した広告がこちら。

勝手に荷物を開けて、下着を引っ張り出してしまう犬、目に入るものは全て自分の物だと思っている犬、スーツケースに粗相してしまうネコ、『ET』のモチーフになったという毛のないネコ。

家主に気を使いつつ、言うことをきかないペットにイライラするよりは、自分で宿泊場所を確保してしまいましょうよ、というわけですね。

そしてこちらは、別バージョンの広告。(ホテルの部屋に飾られているであろう)可愛らしいカントリー調の壁掛けには、『Bless these thin walls(この壁に感謝)』『Home is where the heart is. Hotel is where the in-laws aren’t(家は心が集う場所、ホテルは義理の家族が来ないところ)』『HOTEL, SWEET HOTEL(ホテル最高)』と刺繍されています。

快適に滞在することができれば、家族と過ごす時間はもっと楽しくなることをコミュニケートする、切り口のユニークな広告キャンペーンでした。