Case: Holiday Cup

毎年この時期にスターバックスから登場する、ホリデーカップの新デザイン。今年もクリスマスらしく、ハートやプレゼントをモチーフにした可愛らしいイラストが描かれています。

以下は同社が公開したコンセプト動画。

紙に書かれた絵が飛び出し、様々な年齢や人種の人が、思い思いのクリスマスを楽しむという内容なのですが…

映像の後半、二人の女性が顔を寄せ合い、手を重ねてコーヒーカップを持っているシーンが『レズビアンのカップルだ』と、Twitterで物議を醸しています。

中には聖書の一節を引用し『神は同性愛を禁じている』として、スターバックスを非難する人や、『#BoycottStarbucks』というハッシュタグをつけて不買運動を煽る人も。

これらの投稿に対しては、「どうしてそんな狭い考え方しかできないのか」といった非難のコメントが多く寄せられるなど、活発な議論が繰り広げられている様子。

スターバックスではこの件に関して特に立場を表明していませんが、『クリスマスの精神を皆さんに感じてほしい。我々は、全てのバックグラウンドや宗教を持つ人を歓迎し続ける。』とコメントしています。

ホリデーカップのデザインについては様々な受け止め方があるようですが、クリスマスは家族、友人、恋人など大切な人と過ごす日であるという本来の意味を忘れずにいたいものですね。