Case: ROAD BANDS

フランスのホテル・HotelF1が、プロモーションを目的にしたゲームアプリをローンチしました。

人気のグラムロックバンド「Slapp machine」が“ニューアルバムの楽曲制作のため旅に出るも、ライバルグルーブから楽器を盗まれて…”というストーリー。

今や旅行といえば各々が自らの趣味・嗜好を踏まえて自由に計画する時代ですが、その考え方をこのゲームプログラムにも応用。

本ゲームは最初の4ステージに関して、コードをgithubなどで公開しオープンソースにしたり、ハッカソンを実施するなどし、このゲーム上での旅を、様々な開発者の手によりカスタマイズしてもらうという形をとったのです。

冒頭の動画にもハッカソン参加者の声が出ていますが、「パックマンのようにしたい」というゲーム自体のアイデアから、「ギターやトロンボーンのソロをたくさん入れたい」というゲーム音楽へのアイデアなど様々。

結果、SNSにおけるインプレッションは1,500万、コーディングに各ユーザーがかけた時間は764時間、54のステージが新たにできたといいます。

ゲームやWebサービス開発にも興味がある主に若年層に向けて、“旅の醍醐味”を自分事として新たな角度から訴求する取組でした。

(via Road Bands)