Case: #imagineQ7

自動車メーカー・ アウディが、6月末にロシアのモスクワにデジタルショールーム「アウディ・シティ」を開業。

そこはアウディ車のすべてを、コンパクトなスペースの中でデジタル体験することができる空間。今回は、そんな「アウディ・シティ」の最新技術を駆使して実施されあt、アウディQ7のローンチに際したPRイベントをご紹介します。

Audi Q7 launch: The first virtual movie theatre #imagineQ7 by DEPARTÁMENT from DEPARTAMENT on Vimeo.

ショールーム最大の特徴は、消費者の嗜好に合わせ、色、オプション装備と装飾、機能など、“数億”という組み合わせの中から車種の魅力を実体験できるということ。

その特徴を実際に体験してもらおうと、PRイベントではプレゼンターによるプレゼンは一切行われず、代わりにVR映像によるショーを実施しました。

ゲストはまずVRマスクを装着。

「目の前に現れた世界には無限の可能性が広がり、その限界を決めるのはアウディの想像力のみ。」というコピーで映像がスタート。

360度映し出される近未来的な世界にゲストは大盛り上がり。

via GIPHY

スタイリッシュなアウディQ7の内装、そしてリアルな躍動感で、実際に車を運転しているかのような感覚に。

via GIPHY

同イベントには、一晩で800人ものゲストが来場。世界で初めて全てのプレゼンをVR映像で行うという試みでした。

映画のように作りこんだ世界観で消費者をワクワクさせた、最新のVR技術を駆使した次世代型PRイベントのご紹介でした。