Case: Backing up a trailer – Commercial

大手自動車メーカー・フォルクスワーゲンが、「トレーラーアシスト」という新技術を訴求するために、今年の1月に実施したプロジェクト「Backing up a trailer(バック走行でトレーラーを運んでみよう)」 をご紹介します。

YouTubeでも話題となった同施策は、2016年カンヌライオンズで4つの賞を受賞。プロモ部門でゴールド、アウトドア部門とPR部門でシルバー、そしてフィルム部門でブロンズと輝かしい功績を残しました。

「トレーラーアシスト」とは 、牽引しているトレーラーが車体とまっすぐになるように自動制御したり、バック走行をアシストしてくれる便利なシステム。

その技術の高さをアピールするために、“トレーラーを付けた自動車をなんと後ろ向きに走らせて街中を走行させる”という、驚きの取り組みを行ったのです。

この異様な光景に通行人や自動車に乗っているドライバーたちもビックリ。思わず立ち止まって車の行方に目を向けます。

トレーラーを引いた状態ではうまく回るのが難しい環状交差点も、見事に走行してみせます。

実はこのトレーラーは、今回のキャンペーンのために特別に作られたもの。扉を開けると、なんとそこには後ろ向きに取り付けられた運転席が。トレーラーは牽引されていたのではなく、車を牽引する側だったのです。

一見よくある白色のトレーラーに見えますが、中からは外が透けて見えるようマジックミラーになっていたのです。

この特別な“ボックストレーラー風”自動車を作る様子は、メイキングムービーとしてYouTubeに公開。現在までに100万回以上再生されています。

ユニークな発想で見事カンヌライオンズでも4つの賞を受賞した、フォルクスワーゲンの遊び心溢れるPR施策のご紹介でした。