Case: Slow Motion

フォルクスワーゲンが、アルゼンチンでの新型「ゴルフGTI」の発売開始に伴い制作したプロモーションムービーをご紹介。

この動画は、様々なシーンが盛り込まれた100メートルのセットの横を「ゴルフGTI」で走りながら、高速対応カメラで撮影したものです。

セットには、女性が飛び上がって驚いているシーンや、燃え上がる火を消そうとバケツで水をかけるシーン、そして有名人と一緒に写真撮ってもらっているシーンなど、臨場感溢れる様々なシーンがそろっています。

「ゴルフGTIにとって、3秒はたっぷりの時間。」を謳う新型「ゴルフGTI」。

100メートルのセットを走り抜ける時間はたった3秒程と、実際の速さで撮影された動画を見ても、私たちの目には速すぎてほとんど何も見えません。

そこで今回のプロモーションムービーは、実際の動画をスローモーション化することで、一瞬のうちに通りすぎる光景の数々を美しく見せ、「ゴルフGTI」の魅力を表現しているのです。

またスローモーション化していない実際の動画も、ティザー広告としてテレビやYouTubeで展開。

あっという間に終わってしまうティザー広告を見れば、そのスピードの裏側に隠れている光景を見たくなり、プロモーションムービーに引き寄せられる方も多いのではないでしょうか。