直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、LINEバイト、一風堂、アンダーアーマー、パナソニック、金沢市の5つの事例をご紹介。

1:撮影自体を中継イベント化した動画プロモーション「MC BATTLE バイト魂」(LINEバイト)

アルバイト求人情報をLINEアプリ上で閲覧・応募できるサービス「LINEバイト」は、バイト応募にまつわる億劫なやりとりもLINEで気軽にやりとりできるというサービス優位性を若年層にアピールすべく、動画プロモーション「MC BATTLE バイト魂」を展開。

本プロモーションでは、4月5日(火)に『応援!はじめてのバイト』をテーマにしたフリースタイルラップイベント「MCバトル『バイト魂』」を開催した。《面接》という設定によるMCバトルで、採用担当者に扮したプロラッパーに若手ラッパーたちが採用を勝ち取るべく勝負を挑むイベント企画を、ライブ形式で収録。会場の熱狂をそのまま映像パッケージ化して、LINEバイトのプロモーション動画を制作するという試みだ。イベントの様子は、ライブ配信アプリ「LINE LIVE」でも生中継し、200万人以上がライブ視聴。プロモーションビデオは全6本で、4月26日(火)より順次公開。

2:サイズや麺の糖質が半分のラーメンが選べる、一風堂史上初の「2ぶんの1風堂」(一風堂)

一風堂は、4月27日(水)、ルミネエスト新宿の7階に「2ぶんの1」をテーマにした、これまでの一風堂にないチャレンジを盛り込んだ新コンセプトストアをオープン。今やラーメン店は性別や年齢、国籍を問わずとても身近な存在となったが、さらなるお客様満足のために一風堂ができることは何か?そんな想いから、味わい、サイズ、糖質量、サイドメニュー、雰囲気などにチャレンジを盛り込んだ“実験店舗”をオープンするに至った。

看板のとんこつラーメンなどを、すべて約2ぶんの1のサイズから選べるようにしたのは、お客からのニーズにお応えしつつ、社会問題であるフードロス削減への意味合いも含んでいる。また、糖質量を通常の麺の半分に抑えたり、よりおいしく改良して油抜きにもできる定番メニュー等も揃えつつ、サイドメニューやデザートも用意。まずはルミネエスト新宿店限定で実施し、お客からのご評価を検証し、他店への導入へと発展させていく。

3:トップアスリートと共に自分の“ルール”を投稿する「RULE YOURSELF<自分を支配する>」参加型コンテスト(アンダーアーマー)

RULE YOURSELF.

アンダーアーマーの日本総代理店であるドームは、トレーニングの新しい概念を打ち立てる新キャンペーン「RULE YOURSELF<自分を支配する>」を4月22日(金)より開始。また、同日から6月30日(木)までの期間、SNSを通じた参加型コンテストも展開。

本コンテストでは、公式SNSアカウントから、キャンペーンに登場する各選手の「ルール」とそれに応じたイメージが投稿され、トップアスリートの「ルール」を知ることができるほか、一般アスリートも自分の「ルール」を写真や動画とともにハッシュタグ「#Ruleyourself」を付けて投稿することで、自身の「ルール」を多くの仲間と共有することができる。SNS上で「RULE YOURSELF」の考え方を広め、トレーニングする人達のモチベーションアップ、パフォーマンスアップに繋げていくことを目的としている。

なお、日本で展開する本キャンペーン動画には、ラグビーワールドカップ2015で日本代表としてチームの歴史的勝利に貢献し、現在スーパーラグビーのサンウルブズで活躍する山田章仁選手を起用している。

4:母の日・父の日へ向けて、上質な2人暮らしを提案する家電のコンセプトCM(パナソニック)

Jコンセプト

パナソニックは、4月26日(火)よりJコンセプトシリーズの新CM「愛する家族に贈りたい家電があります。」の放映を開始。Jコンセプトシリーズとは、性能とデザインの良さにこだわりをもち、毎日の使いやすさを重視する50代~60代の「目利き世代」の声から生まれた家電。新CM内に登場する掃除機では、軽さと強度を両立した素材を本体に使用し、世界最軽量(※1)の本体質量2kgを実現。出し入れや移動時の負担を軽くしている。(※1)2015年9月29日現在。家庭用床移動型掃除機において

同社が実施した「親孝行についての意識調査」では、30代~50代の48%がお盆休みやお正月に、次いで、43%が、母の日、父の日、敬老の日に、離れて暮らす両親に、親孝行したいと考えているという結果に。また親世代は66%が子どもに親孝行して欲しいと考えており、「重たいものの買い物」や「電球や蛍光灯などの交換」、中でも「家電製品などの買い物や商品選び」について、帰省した子どもに相談に乗ってほしいと考えていることが明らかになった。

5:金沢市の起業支援PRプロジェクト「はたらこう課」プロジェクト(金沢市)

はたらこう課

金沢市は、金沢で起業する魅力をひろく伝え、起業家の増加を目的とした起業支援PRプロジェクトを4月25日(月)より始動。本プロジェクトは、起業を志し、情報を集めている段階の人々が気軽に情報を収集できる取り組みを行い、起業への間口を広げていく活動であり、具体的には、金沢市内で起業している3名にインタビューしたPR動画の制作・公開や、起業家が他の起業家をリレー形式で紹介するWEBサイトの運営、金沢で働く魅力ある人を紹介するフリーペーパーの発行、起業家や起業を検討する方達が交流する交流イベントを実施し、魅力を伝えていく。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。