Case: EDEKA Weihnachtsclip – #heimkommen

古くから“クリスマスは家族で過ごす”ことが伝統である欧米でも、この忙しい現代では必ずしもその習慣を守ることができない人も大勢いるようです。今回は、“家族が集うあたたかいクリスマス”の大切さを今一度メッセージするドイツのスーパーマーケットチェーン・Edekaによる話題沸騰の感動動画をご紹介します。

大きな家に一人暮らす男性。クリスマスになると子供たちが訪れ、皆で食卓を囲んでいたのは遠い昔の話。最近は誰も訪れることもなく、来る年も来る年も一人寂しくクリスマスを過ごしています。

男性の子供たちはどうしているのかと言うと、今や立派な社会人に成長した彼らは、世界中を飛び回るビジネスマンであったり、日夜働く医者であったり、日々家事と子育てに追われる母親であったりと、それぞれが目が回るほど多忙で慌ただしい日常を送っています。

クリスマスに父親の元を訪れることがなくなったのは、忙しすぎる現代生活が原因のようです。

そんな子供たちに突然“父親が亡くなった”との不幸の知らせが届きました。出張先から急遽帰国し、仕事を休み、子供たちは孫を連れて父親の家に集まります。

悲しみに包まれて、家に入った一同を迎えたのは、亡くなったはずの父親とクリスマスのごちそうでした。

亡くなったというのは、家族をクリスマスに呼ぶためのブラックジョークだったのです。

家族は父親のウソを責めるどころか、無事を喜び、理由はなんであれ久しぶりに家族で囲むクリスマスディナーを楽しみ、家族で過ごすクリスマスのあたたかさを再認識したところで終わります。

この動画はYouTube公開からわずか5日で2,200万回以上再生され、Facebookでも同様の再生回数を記録しており、早くもバイラルしています。2015年の“最も悲しく、最も安堵する”感動的なクリスマス動画をぜひ一度ご覧ください。