Case: 10 minute vacation

サムスンが世界各国で発売しているスマートフォンの最新モデル・GALAXY S6。これまでの機種に比べ高速充電できる点が特徴のひとつで、わずか10分間充電すれば、約4時間利用することが可能です(GALAXY S5では、10分間で2.4時間分)。

この機能を訴求するため、ポーランドのサムスンでは『10分間のバケーション』というサプライズスタントを実施しました。

舞台となったのは、ビジネス街の近くにある広場。サムスンのゴロが入った建物のそばには、なぜか椅子が置かれています。

通りかかった人が、何だろう、といった感じで座ってみると…

なんと椅子には紐がついていて、そのままテントの中に引っ張り込まれてしまいました!

すると中は飛行機の機内のようになっており、客室乗務員らしき女性がシャンパンをサービス。

すごーい!と感心したのもつかの間、次の部屋へと引っ張られ…目の前に広がったのは、青い空そして白い砂浜!


南国そのもの、とまではいかないものの、手渡されたココナッツジュースを飲めば何だか気分も盛り上がってきます。

おまけにマッチョのイケメンが、長時間のフライトで(?)凝り固まった体をマッサージ。

そして最後の部屋では、スリリングなパラグライダー体験を。青く澄んだ海を眼下にに眺めつつ、爽やかな風を感じます。

…と、ここまでわずか10分間。駆け足でのバケーションではありましたが、建物から出てきた人たちはみな晴れやかな表情で、束の間の休暇を満喫した様子。

GALAXY S6をあっという間に充電することができるように、毎日の仕事を頑張っているあなたの“心の高速充電”をしましょう!という、ユニークな企画でした。