Case: The Mini Factory – PETIT BATEAU

子供服ブランドのPetit Bateau(プチバトー)が、“For Serious Kids”という新しいコレクションをリリースするにあたり、シリアスに遊び、そして洋服工場で楽しみながら働く子供の姿を描いた楽しいプロモーション動画を公開しました。

動画は、一匹の犬が、前歯が描かれた犬用のドアを潜り抜け、一人の少年が働くまるで子供部屋のような洋服工場へ入るところから始まります。

見渡す限りカラフルなマシンで埋め尽くされていて、洋服工場なのか、遊び部屋なのか区別がつきません。

少年は毛糸をセットし、チョコレートでTシャツに色付けをします。

カップケーキを一口頬張ってから、マシンに投入してTシャツ目がけて発射する場面も。

さらには手作りミサイルを発射させてみたり…

ラストはパッケージの箱に出荷用の判を押し、滑り台で工場から出てフィナーレ。

Petit Bateauは1893年にフランス北部の都市トロワで設立され、同社の洋服の実に80%が今なおここで制作されているといいます。品質にこだわり、子供の自由な発想と想像力を活かし、シリアスに遊びに向き合う子供たちのために作られています。

動画の反響は大きく、あらゆる世代からポジティブな感想が届いているといいます。実際にトロワの工場で働く600名の従業員にも見せたといい、従業員の心温まる反応は何にも代えがたいものになったそうです。

動画はYouTube公開から10日で300万回再生に近づいています。子供世代ならではの夢と魔法が詰まった動画をぜひ一度ごご覧ください。