Case: HelloJetman

エミレーツ航空の超大型旅客機・A380が、『ジェットマン』こと、生身の体にジェットパックを背負って空を飛ぶ二人組と共に、前代未聞の航空ショーを実施しました。

ドバイ上空をゆったりと飛行するA380。しばらくすると、その横に小型飛行機のような物体が現われ、A380と隊列を組むようにして飛んでいきます。

よく見るとこの2機、小型ジェットではなく、人間がリュックサック型の飛行装置を背負って飛んでいるのです。まるで合成のような映像ですが、紛れもなく本物。

この命知らずな試みにチャレンジしたのは、スイス空軍パイロットの経歴を持つYves Rossyさんと、プロスカイダイバーのVince Reffetさん。空を飛ぶことに魅了された二人は、なんと自らジェットエンジン付きの翼を開発し、今回のコラボ飛行が実現したというわけです。

(Image by Jetman Dubai)

操作を少しでも誤れば大惨事になりかねない危険なスタント。3ヶ月という期間を費やし、入念に準備をした甲斐あって、本番ではCGと見紛うほどの映像を撮影することに成功しました。

YouTubeで公開された動画は、わずか4日の間に1,000万回以上も視聴されています。命知らずの男たちの無謀すぎる挑戦、ぜひ以下よりご覧ください。

(via Jetman Dubai)