Case: The World’s First Massage Billboard

南米に位置するコロンビアの首都・ボゴタでは、交通渋滞が慢性的な問題となっており、特に通勤ラッシュの時間帯には道路も公共交通機関もこのありさまです。

これを毎日朝夕と繰り返すわけですから、人々が抱えるストレスはかなりのものだと思われます。そこで「Have a break」でお馴染みのキットカットが、そんな疲れを癒すユニークな広告を制作しました。

キットカットが市内数ヶ所のバス停に設置したのは、なんとマッサージ機能付きの看板。内側にセンサーとモーターが付いていて、看板に寄りかかると、心地よいマッサージをしてくれるというもの。

さらに同社は市内でつぶやかれるツイートをモニタリングし、『疲れた』『ストレス』というふたつのキーワードを見つけると、そのツイートに対し「休憩が必要?」と返信。同時にグーグルマップ上で看板の設置されているバス停の場所を示すリンクを送信したのです。

こうして日々仕事に励む人々に、束の間の癒しと笑顔を提供したのでした。

AdGangではこれまでに様々なバス停広告を紹介してきましたが、“マッサージ機能付き”は初めて。今日も一日頑張ろう!とエネルギーをくれるような、ユニークな試みですね。

世界各地で実施されたキットカットのオシャレな広告に関心のある方は下記もご覧ください。
“Have a Break”を様々な角度から訴求する、世界の秀逸なキットカット広告14選

バス停を広告媒体に起用した、アイディア溢れるプロモーションにご興味のある方は下記もご覧ください。
もはやただ待つだけの場所にあらず! 驚きの“体験型”バス停広告13選
世界のユニークなバス停広告23選

動画はコチラ