Case: Post Season

万人向けに広く門戸を開いていたTwitterが、新機能「Moments」の導入にあたり、特定のユーザーを対象としたコアなキャンペーンを立ち上げ、その一環として、同社初となるテレビコマーシャルの放映をアメリカで開始しました。

Twitterが米国で開始した新機能「Moments」は、フォローしているアカウントに関係なく、Twitter上で取り上げられている様々な話題の中から特に注目すべきトピックをピックアップしてくれるというもので、フォローしたい話題や人をより簡単に見つけることができ、すぐさまコアな話題に参加できるというものです。

今回、この新機能を訴求するために、Twitterは野球のワールドシリーズ放映時に初めてのコマーシャルを放映し、野球ファンに的を絞ったコアなトピックを紹介するCMを放映しました。

“ポストシーズン”と名付けられたコマーシャルは、スポーツファンの中でもとりわけ野球ファンにだけ的が絞られているもので、メジャーリーグの映像と共に、プレイオフを話題にしている熱狂的なツイートだけを紹介しています。

特にTwitter初心者が、簡単にお気に入りの話題を見るけることができるよう開発されたという「Moments」機能は、とりわけ“スポーツ大好き人間”や“18才から24才の女性”など、現在あまりTwitterを使っていない特定のユーザー層をターゲットにしていると言いますが、既存のユーザーにとってもホットなトピックにいち早く参加できる機能として注目されています。

また、昨今Twitterは成長率の鈍化が課題となっており、「Moments」が再び成長率を加速させる起爆剤となることが期待されています。「Moments」は現在のところ米国でのみ提供されている機能ですが、今後は英国を皮切りに世界的に導入を検討していく予定だそうです。

万人向け路線から、特定のターゲットに絞った戦略に舵を切ったTwitter。その第一歩となるテレビコマーシャルをぜひ一度ご覧下さい。

(via Twitter Moment: Royals continue their World Series lead)