Case: James

10月26日にイギリスのロンドンでプレミア上映された映画『007』シリーズの最新作「Spectre(スペクター)」。この公開に合わせてイギリス生まれの人気チョコレート菓子のキットカットがユーモラスなアウトドア広告を掲示しました。

そのクリエイティブがこちらです。

いくつもの名前が黒字で羅列されているというビジュアル。

これらの名前を見て『007』のファンであれば気づく人がいるかもしれませんが…ここに記載されている名前は映画『007』シリーズ1作目から53年間にわたる歴史の中で、主役のジェームズ・ボンドが“関係を持った”「ボンドガール」の一覧なのです。

彼女たちの名前が綴られた後には、赤字でジェームズ・ボンドに対してメッセージが。

Time for a break, James?
(ジェームズ、ちょっと休憩しませんか?) *そしてキットカットのパッケージ。

“Have a break”がキャッチコピーのキットカットならではと言える、『007』ファンに向けたユーモラスな広告でした。

(via Ads Of The World)