Case: INDYCAR Speed Simulator

インディカー・シリーズに参戦しているホンダが、“Fastest Seat in Sports”というキャンペーンの一環として、“ストリートビューでのレーサー体験”を実施しています。

ホンダのインディカーに乗って、ご近所をレースすることができるという企画。まずは、こちらのボックスに自分自身の住所・ストリートアドレスなど、レースカーで走ってみたい場所を入力します。

するとグーグルのストリートビューが立ち上がり、指定した場所にレースコースが設定されます。

後は、鳴り響くエンジン音を聞きながら、実際の街中をレースカーで走る映像を見て、公道を走るレーシングカーのレーサー気分を味わうだけ。

途中、タイヤ交換シーンも用意されており、限りなくリアルにレーサー体験ができるという企画です。

最高時速320キロで走るレースカーの映像は迫力満点。疑似レース終了後は各種イベントのチケットが当たる懸賞企画も用意されています。

ホンダのインディカーチームが制作した、レーシングカーとストリートビューのマッシュアップ映像をぜひ一度ご覧ください。

INDYCAR Speed Simulator from david bassine on Vimeo.