Case: Domino’s Unveiled a Radical Pizza Delivery Car

大手ピザチェーンのドミノ・ピザが、実に4年の歳月をかけて開発した“配達車”が公開されましたのでご紹介します。

こちらが、最新鋭の配達車、その名も“Domino’s DXP”。

Chevrolet Sparkに改造を加えたもので、運転席の後部にはオーブンを搭載し、その他ピザ80枚、サイドディッシュ、飲み物2リットル、ソース用の収納スペースがあるとか。

また、地面にドミノマークのロゴを投影するパドルランプも装備されているそうです。

3Dプリンターカーで知られるLocal Motors社がクラウドソーシングによるコンペを主催し、Googleのセルフドライビングカーのプラットフォームを開発したRoush Enterprise社が完成させたといい、実に4年の歳月をかけて誕生しました。

ピザの形をした配達車とまでは実現できませんでしたが、実に様々なアイディアが現実となった最新鋭の配達車は、100台製造され、年末までに、ボストン、デトロイト、ヒューストン、ニューオーリンズ、サンディエゴ、シアトルの各都市を宣伝車としての役割を担いつつ、実際に配達車としても走るといいます。

燃焼性テスト、耐寒テスト、耐水テスト、耐久テストをクリアした、文字通り、出来立てアツアツのピザを届けることができる配達車でした。

(via AdFreak)