Case: The Break Machine

“Have a break”でお馴染みのチョコレート菓子・キットカットが、パラグアイで、“ベンチでブレイク(休憩)した人にだけチョコレート菓子を無料でサンプリングする”自販機、その名も“Break Machine”を設置しました。

日々日常生活に追われ、ブレイクすることを後回しにしがちな現代人に対し、“ブレイクしようよ!“と束の間の休憩を呼びかけるキットカットが制作したのは、こちらの自販機。

自販機前に設置されているベンチと連動しているもので、ベンチに最低1分間何もせずに腰掛ける(ブレイクする)と、無料でキットカットをもらえるというものです。

同自販機は数10ヶ所に設置され、実に2万個以上のキットカットを提供したといいます。

同社が掲げるスローガン“Have a break, Have a Kit Kat”(ブレイクして、キットカットを食べよう)をリアルに体験できる自販機でした。

世界の斬新な自販機に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のワクワクするプロモーション自販機10選
世界のプロモーション自販機(まとめ)