Case: TapWriter

チェコのビールブランド・Staropramenは、ルーマニアでジャズ、純文学、演劇等芸術をたしなむ人の研ぎ澄まされたインスピレーションを呼び起こすために、タイプライターと連動したビールサーバー、その名も“Tap Writer”(TypeをTap:注ぐに置き換えた造語)を製作しました。

Staropramenが開発したのはこちらのビールサーバー。

タイプライターと連動しているもので、タイプしている間中、ビールが注がれるというものです。

来場者に与えられたお題は、“溢れ出るストーリーを書き留める”というもの。

“Tap Writer”はブックフェスティバル、シビウ国際演劇祭、ジャスフェスティバル等のイベント会場に設置されました。集まった多くの芸術を愛する人は、タイプライターの前に陣取り、湧き出る想いをタイプし、ストーリーや詩を書き上げたといいます。

“Tap Writer”が客を引き寄せ、各種イベントでのStaropramenビールブースへの来場者数は330%も増加することに成功しました。

タイプされた多くの芸術作品は、ビール用コースターにも印刷されたそうです。

内に秘めたインスピレーションを形にした者だけが飲むことのできるというビールキャンペーンでした。