Case: Imprison Your Cursor Within a Banner Ad

世界最大の国際人権NGOであるアムネスティ・インターナショナルが、ポーランドとロシアに隣接する国・ベラルーシにおける人権侵害の実態について啓発するキャンペーンを実施しました。

同団体が制作したのは、「政府を変えたいと思いますか?」というバナー広告。ページを閲覧しているユーザーが何気なくそのバナーの上にカーソルをのせると、何故かそこからカーソルが動かせなくなってしまいます



その後「ベラルーシではこれだけの事で投獄される恐れがあるのです」というメッセージが鉄格子の画像とオーバーラップして表示され…



著名な人権活動家であり、2011年にベラルーシ当局によって逮捕されたアレス・ビアリアツキ氏の解放を求める嘆願書にサインするよう呼びかけるリンクが現れます。

ベラルーシでは、人権擁護活動家やジャーナリストの表現や集会の自由が侵害されている状態にあり、ビアリアツキ氏も4年半の禁固刑を受けました。(2014年、同氏は恩赦により釈放されています。)

実験的に行われた本キャンペーンは、450のインプレッションを獲得。一見ミクロな数字に思えますが、その中からなんと50人がビアリアツキ氏の即時無条件釈放を要請する嘆願書に署名をしたというのです。

普段私たちは何の制限もなくネットサーフィンや調べ物をしたりしています。そこで、突然その自由を奪う(=カーソルを動かせない状態にする)ことによって、『世界には不当に自由を剥奪された人々がいるのだ』という事を広く知ってもらおうという意図のもと、今回の啓発バナー広告は実施されました。

世界のユニークなバナー広告に関心のある方は下記もご覧ください。
その手があったか!! 発想が参考になる世界のバナー広告10選

世界各地でアムネスティ・インターナショナルが仕掛けた啓発広告に関心のある方は下記もご覧ください。
アムネスティ・インターナショナルの刺さる啓発広告/プロモーション(まとめ)

Amnesty from The Digitals Sp. z o.o. on Vimeo.