Case: @AlfaRomeoUK

イタリアのカーブランド・Alfa Romeoが、ファンの心を鷲掴みにした“素敵なツイート”施策をご紹介します。

イギリスに住むDaniel Hancoxさんは、かねてより目をつけていたAlfa Romeoの『Giulietta』を購入することを決断し、胸を弾ませてディーラーに足を運びました。すると、どうでしょう。やっと手にすることができると思っていた『Giulietta』が、タッチの差で別の誰かに売却されてしまったとの衝撃的な事実を目の当たりにします。

ショックで打ちひしがれたDanielさんは、Alfa Romeo UK宛てに下記のようなツイートを送りました。

僕は『Giulietta』に恋をした
昨日手に入れるはずだった

君を運転し、駐車し、きれいに洗うことを夢見ていた
しかし、君は行ってしまった

君は僕の一目ぼれだった
君を見た時、胸が震え
君を失った今、死にたいほど胸が痛む


Danielさんが送った『Giulietta』への愛の詩は、Alfa Romeo UKの目に留まり、これに対して『Giulietta』から預かったメッセージとして、Alfa Romeo UKは下記の返信ツイートを行いました。

私のDaniel,

いつも道の反対側からあなたを見ていたわ
Dan?あなたが私の運命の人なの?
あなたが迎えに来てくれるのを心待ちにしていたわ

しかし、晴天の霹靂とでも言うべき出来事が起こった
突然現れた男性は、あなたではなかったのね

Daniel、ごめんなさい
でも私は彼についていくことになってしまったの

一つ提案があるんだけど
私の妹にはもう会った?彼女ではダメかしら?
あなたさえよかったら紹介させてください

Danielが送った粋なツイートに対する、ロマンティックな返信ツイートはDanielの心を見事捉え、“妹”獲得のための商談が進んでいるといいます。

多くの企業が、SNSを介したファンとの個別の対応を模索している中、見事ファンとの交流に成功した事例でした。

(via Alfa Romeo UK , LinkedIn/Aneta Hall)