Case: Tidy up

世界最大の家具屋・IKEAがトルコで実施したプリント広告をご紹介。

同社で取り扱っている“小物を整理整頓するための商品”を訴求するために作られたクリエイティブです。全3種類。

・靴下編

・ネクタイ編

・靴編

カラフルな背景に、様々なデザインの靴下、ネクタイ、靴が盛大に散らばっているというビジュアル。それらデザインをよく見ると、各アイテムで以下のテキストが綴られていることに気づきます。

“Where are my new socks ?”
(新しい靴下はどこにいったかな?)

“Where is my favorite tie ?”
(お気に入りのネクタイはどこだっけ?)

“Where are my fancy shoes ?”
(あのお洒落な靴はどこだろ?)

そして欄外に訴求したい商品とともにあるコピーは…

Tidy up.
(整頓しよう。)

“こんなカオスな状態”にならず、必要な小物が必要なときに、すぐに手にできるように整理ボックスやネクタイハンガー、靴箱を購入しませんか、とコミュニケートしています。

整理整頓する意義をユーモラスに伝えてくれるプリント広告でした。

(via Creative Review)