Case: Bucket Science

ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が、カナダ進出60周年を記念して、写真が印刷できるバケツ型ケース、その名も“Memories Bucket”を発表しました。

一見、いつものものと何も変わらない、こちらのフライドチキンがたっぷり入ったバケツ型ケース。

しかし、実は下部に写真プリンターが仕込まれていて、その場で写真が印刷できるのです。

プロセスは至って簡単。まずは、楽しい一コマを、自身のスマートフォンで撮影します。

あとは、“Memories Bucket”と自身のスマートフォンをブルートゥースで接続し、印刷したい写真を選択するだけ。

すると、瞬く間にインスタントポラロイド写真が、バケツ下部から排出されるというものです。

友人とチキンを囲むシチュエーションをさらに盛り上げてくれること間違いなしですね。

今のところ、この写真プリンタ一体型バケツの発売日などの詳細は公表されていません。ぜひ下記動画よりチェックしてみてください。