Case: Crispeakers

フィリピン国内に多くの店舗を構えるピザチェーン・Greenwichは、極薄クリスピータイプのピザを昨年より販売しています。

このピザの売り上げを伸ばすにあたり、何か斬新なプロモーション方法はないかと模索していた同社。軽い食感と薄さの証は「サクサク、パリパリ」という“音”だというところから着想を得て、「Crispeakers(クリスピーカー)」というちょっと変わったグッズを考案しました。

これはデリバリーの時にピザを入れる箱に切り込みを入れ、スマートフォンを差し込めるようにしたもの。

ここにスマホをセットし、さらに「g」のロゴマーク部分を円形に切り取ると、スマホで流した音楽がより大きく、クリアに聞こえる仕組みになっている、つまりスピーカーになっているのです。『このクリスピーカーで音楽を聴きながら、サクッと美味しいピザを召し上がれ』というわけですね。

箱のデザインは国内の著名な3人のデザイナーに依頼し、さらに芸能人や人気ブロガーを招いてこのスピーカーのデモンストレーションをしたりと、話題づくりも入念に行ったところ、クリスピーピザの売り上げは20%以上もアップしたといいます。

ピザ生地に関しては、ふっくら厚みのあるタイプと今回ご紹介したような薄型タイプ、好みが分かれるところだとは思いますが、箱にこんなユニークな仕掛けが用意されていたら、思わず買いたくなりそうですね。

「ピザの箱に体験型の仕掛けを施したケース」や、「思いもよらないものをスマホのスピーカーにしたケース」に関心のある方は下記もご覧ください。
ピザの箱が映画のプロジェクターになる!ピザハットの斬新なパッケージデザイン
瞬く間にiPhone用スピーカーに早変わり!? クルクルと丸めることで真価を発揮する雑誌広告

(via Ads Of The World)