Case: If Carlsberg Did…

大手ビールブランドのカールスバーグがロンドンで実施したサプライズスタントをご紹介。

当企画は、“If Carlsberg did…”(もしカールスバーグがやったなら…)のキャンペーンの一環として、ロンドン・シティ空港の手荷物受取所を舞台に行われたプロモーションです。
[同キャンペーンのポスター広告版はコチラ

ターゲットは、長距離フライトでお疲れ気味のホリデイメイカー。彼らが帰路、空港の手荷物受取所に行くと、ベルトコンベアーにカールスバーグ1ダース(?)のケースがいくつも流れてくるのです。

その様子に笑顔を浮かべたり、写真撮影する人のかたわら、ケースにはこんなメッセージが。

「どうぞ持って行ってください。私はあなたのものです。」

これに乗客の皆さんは意気揚々と1ケースずつ持ち帰ったようです。

楽しかった休日が終わり、帰路に着く際の“ちょっと沈んだ、悲しい気分”を、ほんの少し喜びへと変えてくれる素敵な空港プロモーションでした。

空港を舞台にしたユニークなプロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
世界の空港を舞台にした、搭乗客のインサイトを突く広告11選