Case: ロッテ クーリッシュ「改造人間NOZOMIN」

話題になった、または今後話題になるであろう日本国内の広告・クリエイティブの事例の裏側を、案件を担当した方へのインタビューを通して明らかにしていく連載「BEHIND THE BUZZ」。今回はロッテ クーリッシュの「改造人間NOZOMIN」シリーズを取り上げます。

佐々木希さんが「肘ビーム」「膝ビーム」を繰り出す、コミカルな「改造人間NOZOMIN」シリーズはネット上でも話題に。なぜこのようなストーリー設定を行ったのか、その狙いを株式会社 ロッテ 広報・宣伝部 制作課 古野小百合さんに伺いました。

Interview : 石原 愛美(Aimi Ishihara)/Text : 市來 孝人 (Takato Ichiki)

スマホをいじっているシーンからスタートする理由

—今回のCM、なぜこのようなストーリーにされたのでしょうか?

商品の特徴はパウチ容器に入った「飲むアイス」という点です。これまでも「飲むアイス」というコピーを継続して使用しながら、2015年からは新たに「ながらブレイク」という点の訴求も始めました。場所を選ばず、片手で飲む事が出来るアイスなので。ターゲットとしては20-30代男性で、お仕事の休憩時間などちょっとした時間に楽しんで頂きたいなと。

そういった、主にサラリーマンの方が休憩時間に何をされているか考えた時に、やはりスマホをいじりながら休憩されている方が多いのではないかと。なので、スマホを片手にクーリッシュを飲むというシーンを訴求すべく、今回の内容で展開させて頂いております。

—確かにバカリズムさんがスマホを片手に休憩というシーンからスタートしていますが、そのCMの劇中で、スマホで見ているコンテンツとして出てくるものが、なぜ「改造人間」だったのでしょう?

20-30代男性の方は、子どもの頃特撮ものに親しまれている方が多いので、そういった要素を入れると楽しんでもらえるかなと考えました。また、WEBで拡散していくということも考えていたので、拡散しやすい仕掛けとして「なんで肘からビームが出る?」とか「僕も肘ビームを受けたい」と、突っ込みどころを入れる点も意識しました。

—放映開始のタイミングが5月というのは。

アイスは春から夏にかけて市場のボリュームが上がっていきます。また、5月に「とろけるマンゴー」という新しいフレーバーも発売したので、このタイミングに合わせてCMと、売り場もしっかり作っていこうと。

—撮影の裏側はいかがでしたか。

現場はとても楽しい雰囲気でした。佐々木希さんもクーリッシュの顔として長年起用させて頂いていますが、佐々木さんにも楽しんで臨んで頂きました。今回はバカリズムさんも登場していますが、これはメインのターゲット層の方が自分に置き換えて感じて頂ける方ということで、起用させて頂きました。

—TVCMとYouTube、それぞれ制作にあたっての違いなどはございますか?

TVCMは15秒の中でどれだけインパクトを伝えられるか、 一方YouTubeの方は、尺をあまり気にする必要がないので、TVCMのストーリーの裏側がよくわかるという視点で制作しました。

TVCMとYouTubeを使い分けて話題化

—TVCMの反響はいかがですか。

ターゲット層から想定通りの反応を頂いた一方、女性からの反応も良かったです。佐々木さんが髪型を変えた後「やっぱりかわいいよね」というWEBでの盛り上がりもあったので、その流れもあっての反応かもしれないですね。

—YouTubeの再生など、こちらの反響は。

視聴回数は想定を超えていて、多くの方に楽しんで頂いているなと感じます。海外、例えば香港や台湾からのユーザーの反応もあります。SNSでは「佐々木さんがかわいい」という反応が圧倒的だったんですが、「佐々木希が一皮むけた!」という反応があったり(笑)、また商品を飲んでいるシーンに対しても「おいしそう」という反応もあって嬉しかったですね。

—今後はどのような展開があるのでしょうか。

クーリッシュは爽や雪見だいふくといった他のアイス商品と比べると、まだまだ認知度が高くないので、この容器の特性ならではのシーンを今後もうまく訴求していきたいと考えています。

実は、このシリーズについては7月に続編という形で新作のTVCMのOAを開始しています。そしてYouTubeでのWEBムービーも最終話の第4話がまだ残っておりまして、最近公開を開始しました!このWEBムービーとTVCMも連動しているので、是非お楽しみ頂ければと思います。

またさらに、違った視点でのWEBムービー企画も7月14日より、YouTubeチャンネルにて公開しました。これまでは敵を倒すストーリーものでしたが、こちらは佐々木希さんが悩めるサラリーマンに向けたメッセージをくれるというものです。今回は思わず共感してしまう6つのお悩みに対して、佐々木希さんが時に優しく、時に厳しく「癒され応援メッセージ」を届けてくれます。

また、「僕も肘ビームを喰らいたい」という方のご要望にお応えしつつ、新たな必殺技も登場します!こちらは先日撮影があったのですが、こぼれ話として、佐々木さんもここまで「NOZOMIN」の反応があることにビックリされていて、いろんな現場で「肘ビームやって」と言われるとお話されていました(笑)。