Case: Virtual Drift

アメリカのエンジンオイルメーカー・カストロールが新技術“チタンFST™”を用いて作り上げた「カストロールエッジ」。エンジンの性能を最大限に引き出し、カストロール史上最強と称されるほどのパフォーマンスの高さを証明するプロモーションビデオが公開されました。

映像は『仮想現実の世界で車を実際に運転する』という、バーチャルとリアルを融合させた驚きの内容。

異色の試みに挑戦したのは、世界的に有名なスタントドライバーです。運転席に座ってVRヘッドセット(Oculus Rift)を装着した瞬間、現実からは完全に引き離され、仮想現実の世界へと入り込みます。

闇の中で突如現れては消える障害を見事な走りでかわしていく様子は、まるでCGアクション映画を観ているよう。

エンジンの性能を最大限に引き出すカストロールエッジとドライバーの卓越したテクニック、そしてVR技術によって実現した、前代未聞の試み。YouTubeに公開された動画は、わずか1週間の間に200万回以上も視聴されるほどの話題作となっていますので、ぜひご覧ください。

動画はコチラ