Case: ReStore

ポストイットや粘着テープなどの文房具、日用品メーカーの3Mが発売している、Scotch Super Glue。様々な用途に使え、壊れたものでも新品同様に修理できるクオリティーの高さが自慢の瞬間接着剤ですが、その質のよさゆえに、他メーカーの製品に比べて値段も比較的高めに設定されています。

国民のうち70%が月収500ドルほどで生活しているというグアテマラでは、人々は何を買うにも質より値段を重視しており、Scotch Super Glueの売り上げは伸び悩んでいました。

そこで3Mでは、消費者にこの接着剤の質の高さを実感してもらおうと、人々が訪れるショッピングモールにポップアップストアをオープンしました。

「ReStore」と名付けられたこのお店で取り扱うのは3Mの製品ではなく、なぜかインテリア雑貨。しかもすべて壊れているのです。

実はこれらの雑貨は、市内のインテリアショップから、破損して売り物にならなくなった商品を引き取ったもの。これをReStoreの店頭に並べ、Scotch Super Glueとセットにして販売したのです。

お客さんには購入したScotch Super Glueで壊れた品をで修理してもらい、その接着力を自身の目で確認してもらうことが企画の主旨。きちんと修理すればまた使えますから、お客さんにしてみれば破格の値段で素敵なインテリア雑貨を購入できるというメリットがあります。

『壊れたものを販売する』という異色の試みはテレビや新聞などで大きく取り上げられ、1万人以上の人が店を訪れました。結果、接着剤の売り上げは5%の伸びをみせたそうです。

まさに、百聞は一見に如かず。言葉で説明するよりも、実際に製品の良さを見てもらい、これだったら少々値が張っても買う価値がある!ということを示した、素晴らしく説得力のあるプロモーションでした。

動画はコチラ