Case: Color ink

コロンビアで、プリンタのインクカートリッジブランド「Ecofill」が実施したプリント広告をご紹介。

“長持ちするインクカートリッジ”というごく平凡なメッセージ(機能)を、印象的に描いたクリエイティブがこちらです。全4種類。

・マゼンタ編

・イエロー編

・シアン編

・ブラック編

結婚式の一場面、養蜂場、海中、ギャングの会合といったシチュエーションで、インクを想起する“各色(の衣装)”が左から右へと徐々に不足していき、ピンチに陥るという表現です。

コピーは…“Don’t let Magenta run out when you need it the most.”(マゼンタ[各色]が最も必要になるときに、使い果たしておかないように。)

“必要なときにインクがなくなって困る”というよくあるシーンを、まったく別のユーモラスなシーンへと置き換えた左脳よりも右脳に響きそうなプリント広告でした。

(via Ads Of The World)