Case: Force of Nature

イギリスのナイキが、ロンドンで行われているNike Innovation Summitというイベントにおいて、科学技術とスポーツを融合させた、全く新しい“没入型”ランニングマシン・Force of Natureを発表しました。

このランニングマシンは、ジェスチャーや音声を認識することによって操作ができるという「キネクト」という技術を活用しています。内蔵された複数のセンサーが走る人のスピードやリズムを感知し、それをビジュアル化したものを前方スクリーンに映し出すのです。



近年の研究によると、ランニングには脳を活性化し、思考力を高める効果があることが証明されているのだそうです。自分の走るペースに合わせて動く、アーティスティックな映像を見ているうちに、もしかするとランナーズ・ハイに似た恍惚感、陶酔感を経験することも可能なのかもしれません。

走りを視覚的に表現するという発想によってランニングに付加価値を与える、斬新な取り組みですね。

動画はコチラ

Nike Force of Nature from FIELD on Vimeo.