Case: Fits like a glove

ポルトガルのリスボンで実施されたシリーズプリント広告をご紹介。クライアントはフォルクスワーゲン。

同車が度々おこなっている、純正パーツを使いましょうということをユーザーに訴えかける広告の新バージョンを制作しました。
そのビジュアルがこちら。

・タイソン篇

・ブッフォン篇

「純正パーツでないものでも、実際“はまるにははまる”し、“動くには動く”。しかし、パフォーマンスは下がってしまう」という事実を、間違えたグローブをはめてしまったゴールキーパーと、ボクサーの比喩で表現。

ゴールキーパーはゴム手袋、ボクサーはなべつかみを手にはめています。

コピーは、

Fits like a glove but compromises performance. Volkswagen Original Parts.
(グローブのようにフィットしますが、パーフォマンスはそうはいきません。フォルクスワーゲンのオリジナルパーツを使いましょう。)

純正パーツを使わないことを上手く「ミスマッチ」と読み替えてクリエイティブに落とし込んだスマートなプリント広告でした。

(via Ads Of The World)