Case: Found

「犬とその飼い主にとってより良い世界を実現する」ことをミッションに掲げる大手ドックフードブランド・ぺディグリーが、ニュージーランドで、“迷子犬発見アプリ”をリリースしました。

クンクン匂いを嗅ぎながらあてもなく歩く犬たち。ちょっと目を離したすきに見失ってしまった経験がある飼い主も多いはずです。迷子になってしまった愛犬を一刻も早く見つけ出したいという飼い主の想いは万国共通。

そんなインサイトに着目したペディグリーは、今では誰もが持っているスマートフォンを使った飼い主待望の“迷子犬発見アプリ”、その名も「Found」(見つかった!)をリリースしました。

アプリの仕組みは至ってシンプル。

まずアプリをダウンロードし、自分の飼い犬情報を登録します。万が一飼い犬が迷子になった時は、この情報が捜索に使用されることになります。

飼い犬が迷子になってしまったら、アプリを起動し“迷子”タブをタップします。

すると、事前に登録されている情報を元に即座に“迷子犬探しています”というポスターが制作され、グーグル・ディスプレイ・ネットワークを介して、飼い主の所在地から半径2.5km以内にある携帯端末に“迷子犬探しています”ポスター広告が掲載されるというものです。

また、同時にアプリ登録者にはプッシュ通知によって“迷子犬探しています”ポスター通知が送信されます。

犬を発見した人は、“見つけたよ!”タブをタップすることで、飼い主がその位置情報を確認できるというものです。

犬があちこち動き回る前に、犬の行動可能範囲内にいる人限定に、即座に“犬が迷子になっている”というメッセージを送ることができ、周囲の人が犬がいないか目を光らせてくれるというアプリです。

また一歩“犬にとっても飼い主にとっても快適な世界の実現”に近づくことができた取り組みでした。

動画はコチラ