Case: Experiment TRANSLATION

リトアニア人権保護センターでは、人種、宗教、性的指向など全ての差別に強く反対し、また社会から差別をなくすための運動に取り組んでいます。このほど同団体では『実際に差別的表現を目にしたり、遭遇した時にどのように対応すればいいのか』をまとめたデジタルハンドブックをHP上で公開しました。

そして公開に合わせ、人々に差別についていま一度考えてもらうため、啓発実験を行いました。

実験の舞台となったのは、とあるオフィスビルのロビー。服にマイクを仕込んだ黒人男性(スタッフ)がソファーに座ってスタンバイすると、何も知らない実験の参加者がそこに案内されます。

近くに座った被験者に、黒人男性は「Hello.」とあいさつし、持っているタブレットを見せながら、「Facebookにリトアニア語でメッセージが来ているんだけど、訳してもらえませんか?」と英語で話しかけます。

みなさん快く引き受けますが、読み始めると、次第にその表情がこわばっていきます。「これ、誰からのメッセージ?」と聞いたり、難しい顔で首を振ったり、「この内容は訳さない方がいいと思う」という人も。

それもそのはず、そこに書いてあったのは「猿、リトアニアに何をしに来たんだ」「アフリカへ帰れ、さもなければ痛い目に合わせるぞ」など、黒人男性をひどく中傷する内容だったのです。

実験に参加した人たちの反応は様々でした。内容はあえて男性に伝えず、ただ「気にしない方がいい」とだけ言う人がいるかと思うと、内容は伝えないけれど「こんな酷いことを書いた人の代わりに謝るよ」という人、そして内容を男性に伝えたうえで「ごめんなさい」と泣きそうな顔で謝る人も。

ただ、ひとつ共通して言えるのは誰もが困惑し、辛い状況だったいう事。リトアニア人権保護センターでは、もしもこんな状況に置かれてしまった場合のために、ハンドブックを活用してほしい、と訴えています。

この実験の様子を収めた映像はYouTubeで200万回以上視聴されており、世界中の人に「もしも自分が被験者の立場だったら?」と考えるきっかけになったようです。

動画はコチラ