Case: Re:RUN – フィナーレの物語

42.195km…フルマラソンに挑戦するも、完走するこができずにいる人が大勢います。名古屋ウィメンズマラソンでも、毎年多くの女性が挑戦するも完走できないケースがままあります。

大手スポーツブランドのNIKEはインターネットで“マラソンへの再チャレンジ”を呼びかけ、たくさんの応募者の中から3名の女性を選出しました。「Re:RUN – フィナーレの物語」は、一度マラソンで失敗した女性たちの再チャレンジのストーリーです。

再チャレンジの模様を収めた映像には、マラソンを完走できなかった3名の女性(NAO、NATSUMI、KANA)が、マラソンに対する思い、失敗したことへの悔しさを静かに語るシーンからはじまります。

リベンジのマラソンが始まります。3名は無事にマラソンを完走することができるのでしょうか。

「わたしがリタイアした、場所です」

前回リタイアしてしまったポイントを乗り越えていく3名。

彼女たちは過去の自分を超えるという大いなるチャレンジに挑み、その結果無事完走することができました。

人間誰しも失敗することがあります。その悔しさや挫折を乗り越え、目標達成のために頑張るNAO、NATSUMI、KANAの姿勢から、“自らも”と思う人は多いのではないでしょうか。

理想のジブンになるためには様々な困難が待ち受けています。その困難を乗り越え、目標を達成する大変さや重要性を訴求したNIKEのドキュメンタリームービーでした。

動画はコチラ