Case: “Burger-King”

アメリカ、イリノイ州で暮らすカップル、Joel Burger(ジョエル・バーガー)さんとAshley King(アシュリー・キング)さん。幼稚園からの幼馴染だというふたりが、今年7月にゴールインすることになりました。

ここでそれぞれの名前(名字)にご注目下さい。もうお気づきの方もいるかもしれませんが、Burger(バーガー)とKing(キング)、つまり合わせてバーガー・キングになるのです。

このことを地元新聞で知った大手ハンバーガーチェーン・バーガーキングは、公式ツイッターでカップルの居場所を探す意向をコメント。


そして2人にSkypeでコンタクトを取り、お祝いとして結婚式にかかる費用を全額負担すると申し出たのです。

予想だにしていなかったサプライズに、大喜びするジョエルさんとアシュリーさん。

バーガーキングの広報担当者によると、「バーガーさんとキングさん、この運命的な結婚はわが社にとっても素晴らしい出来事で、ぜひその喜びを一緒に分かち合いたかった」とのこと。

同社による粋なはからいは、CNNやThe New York Daily New、The Huffington Post、The Guardian、Buzz Feedなど様々なメディアで紹介され、多くの人の注目を集めました。日本のテレビ番組でも「昨日ネットで話題の情報」として紹介されました。

今回は他のどの飲食店にもまねのできない、バーガーキングだからこそできたPR。

“機を見るに敏”な広報姿勢と、あくまで推測ですが“ハッピーで話題になったら、それが何より”というコミュニケーション活動におけるシンプルな行動規範から生まれたであろう愉快なPRケースでした。

世界各地で実施されたバーガーキングの斬新な広告に関心のある方は下記もご覧ください。
“ブランドらしさ”を常に魅せる! バーガーキングの破天荒なプロモーション13選
バーガーキングの凄い広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ