Case: Beck’speriment

『男性はビールのためならどこまで頑張れるか?』そんな実験を、ドイツのビールブランド・BECK’Sがクロアチアで実施しました。

舞台となったのは、レディースの服を扱うブティック。ショッピングを楽しむ妻(彼女)を横目に退屈そうに待っている男性に店員がこっそり手渡したのは、『店内で1時間過ごすことができれば、車1台分のBECK’Sをプレゼントします』というミッション。

俄然やる気になった男性は、フィッティングルームにいるパートナーにあれも、これもと試着を勧めます。

「ヒールの靴を履いて合わせてみたら」「そっちのスカートじゃなくて、これがいいんじゃない?」妻が「これが気に入ったわ!」と言っても、「いやいや、違うのを試着してごらん。」と、半ば強引に持っていきます。

何を着て見せてもうんと言ってくれない夫に、女性はイライラしている様子。残り時間30分ほどになったところで脱落するカップルが続出する中、何とか時間を稼ぐため自ら女性物の服を着てみたりと、涙ぐましい努力をする人も。

そしてようやく1時間のカウントダウンが終了!努力のかいあって、車いっぱいに積まれたBECK’Sを見事勝ち取ったのは、こちらの男性です。

「パートナーと良い関係を築くには、妥協が必要。でもお気に入りのビールを選ぶには妥協はいらない!」きれいなオチでまとめられた、ユニークなプロモーションでした。

動画はコチラ