Case: Targeted Highway Billboards

高級車ブランド・レクサスがオーストラリアで実施したユニークな看板広告をご紹介します。

手がけたのは広告代理店のM&C Saatchi Australia。幹線道路の上に架けられている看板広告に先端テクノロジーを駆使してある仕掛けを施しました。そのクリエイティブがこちらです。

データベースにある競合車種が看板のそばを通りかかると、その車種に合わせたメッセージが表示されるようにしたのです。

例えば上の写真では、「やあ、白のイヴォーク。クロスオーバーするのに遅すぎるなんてことはないよ。これが新しいレクサスです。」といった感じ。

このターゲティング看板広告の面白いところは、車種に反応するだけではなく、リアルタイムの天候をも反映して気の利いたメッセージを表示できるという点です。

例えば「やあ、黒のメルセデスドライバー。The heavens have opened.(土砂降りだねえ。)」といった具合。

これらのメッセージの配信は手動ではなく、最先端の画像認証技術などを駆使してすべて自動的に行われているものだといいます。競合車種に乗っているドライバーにピンポイントで、即したメッセージを投げかける面白いストーキング広告でした。

ユニークな看板広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のアイディア溢れる看板広告27選

(via M&C Saatchi Australia)