Case: Catfishing

毎年3月にアメリカ・テキサス州で行われる、音楽、映画、インタラクティブの世界最大規模のアートイベント・SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)。このSXSWに出品された「Ex-Machina」という映画のプロモーションに、出会い系アプリ・Tinderを活用した事例をご紹介します。

「Ex-Machina」は、スウェーデン人俳優・Alicia Vikanderさんが演じる人工知能を持つロボット・Avaを主人公にしたストーリー。そこでこの主人公のロボットのTinderアカウントを作成し、SXSWを訪れたTinderユーザーの男性たちにメッセージを送ったのです。

(Ava’s Tinder picture)

メッセージを受信した男性たちは、まさかマッチングした相手がロボットとも知らず、チャットに応じます。

(Ava’s Tinder)

「誰かを本気で好きになったこと、ある?」
「私のどんなところが魅力的?」

次々と質問を投げかけかけてくるAva。男性からしてみれば、この時点でちょっと脈ありかと思ってしまいそうですが、このやりとりは自動返信されるシステムになっていて、実は男性がどんな返信をしようとAvaからの会話は同じです。

しばらくやりとりをした後、Avaは「あなたのこと、気に入ったわ。私のインスタグラムアカウントをチェックしてね。」と男性に告げます。美人の女性と仲良くなれた、と内心ホクホクの男性が彼女のアカウントを見ると…それはEx-Machinaのプロモーションページだったという仕掛け。

You are dead center of the single greatest scientific event in the history of man. #ExMachina

AVAさん(@meetava)が投稿した動画 –

オチを知ってがっかりした男性ユーザーの皆さんには気の毒ですが、映画への興味を素晴らしくそそられる、秀逸なプロモーションでした。

出会い系アプリ「Tinder」を活用した施策に関心のある方は下記もご覧ください。
Tinderを活用したプロジェクト(まとめ)

(via PR Examples)