Case: Love

自動車ブランドのLand Roverが、Land Roverの長年のオーナーに向けて素敵なバレンタインドッキリを仕掛けました。

事のきっかけは、売りに出された一台のLand Rover。

1957年モデルの「ランドローバー・シリーズI」で‘Landy’と名付けられたこの愛車を保有しているのは、4人の男性です。

彼らが学生時代に学生ローンで購入し、様々なアドベンチャーを共にし、数えきれないほどの思い出がたくさん詰まっているという自慢の相棒ですが、年月の経過と共に劣化が激しく、度々の修理もむなしく、今回ついに手放さなければならなくなったということです。

この“売り広告”に目を付けたのが、Land Rover社。オーナーである4人の男性のうちの1人であるWillの妻と密かに結託し、彼らにはLand Rover社の人間であることは内緒で、自慢の愛車を買い取り、バレンタインデーまでに徹底的に修理を施し、新品同様に生まれ変わった愛車を再びオーナーの元にプレゼントしようというサプライズ企画です。

愛車の売却先が決まり、長年の相棒に別れを告げるオーナーたち。

その後、とある修理工場で、シャーシ、エンジン、車両内部の精密機器からボディペイントに至るまで、一つ一つ念入りに修理が施されます。

車体のステッカーも当時のものが複製されました。

そうして生まれ変わったのがこちら。

見た目だけでなく、かつてのようにオフロードを力強く走ることができるかどうか、走行テストも実施されました。

そして、プレゼントの瞬間がやってきました。何も知らずリビングに集まった4人がテレビを見ていると、なんとCMに新車だった当時の自分たちの愛車に似た車が映し出されたのです。

はじめはただ似ている車だと思っていた彼らですが、映像を見るにつけ、まさに自分の愛車であることを確信し、4人は大興奮。愛車と共に過去の記憶も一気に思い出したに違いありません。

CMの最後に流れたメッセージ「Claireがキーを持ってるよ」に一同は飛び上がり、ガレージに駆け付けると、ピカピカに生まれ変わった相棒が待っていたという、妻から夫とその仲間へのドッキリ施策でした。

廃車寸前のオフロードカーが、見事に生まれ変わり、また新たなジャーニーに繰り出すというドッキリの一部始終をぜひ下記よりご覧ください。

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/land-rover/love