Case: Suarez

家庭用洗剤ブランド・Arielがイスラエルのテルアビブで実施したプリント広告をご紹介。

同ブランドが「きつい汚れもしっかり落とします」と訴えるために着目したのは、ひどい汚れになってユニフォームの洗濯が大変なサッカーでした。そのクリエイティブがこちらです。

Suarez(スアレス)という単語に、サッカー ウルグアイ代表のユニフォームを着用させているというビジュアル。スアレス選手と言えば、2014年のFIFAワールドカップで試合中に相手選手に噛みついて出場停止になった悪評で知られています。

商品とともにあるコピーは、“Stay unstained”(汚れ・汚点のないままで)。

国民の大きな期待を裏切り、汚名が際立つスアレス選手をモチーフとすることで、“ひどい『汚れ』を綺麗さっぱり落とすのは大変です。ですが、本当のところそれ以上に困難なのは、大勢の人々の信頼を損なってつけた『汚点』を綺麗さっぱり拭い去ることなんです。”

だからこそ、“『汚点』はつけないようにし、少なくともユニフォームのひどい『汚れ』くらいはアリエールで落としてくださいね”、ということを示唆しているようです。

参考サイト

adeevee
http://www.adeevee.com/2015/02/ariel-suarez-print/