Case: Ibrahimovic New Tattoos

サッカースウェーデン代表のキャプテンでパリ・サンジェルマンFCに所属する人気サッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチ選手が、一風変わった新しいタトゥーを披露して話題になっています。

イブラヒモビッチ選手がバレンタイン・ゴールを決めた後、ユニフォームを脱ぎすて、スタジアムのファンに披露したタトゥーは以下のようなもの。

一見怖そうなタトゥーですが、実はこれ、国連WFPへの支援のために施したもので、食糧難に苦しむ50人の子供たちの名前がデザインされています。

世界最大の人道支援団体である国連WFPは、毎年75か国8000万人に対して食糧援助をしています。同団体によると世界には今なお、食糧難に苛まれている人が8億500万もいるといい、その多くが子供たちだといいます。

イブラヒモビッチ選手は「僕はどこに行っても、多くの人が僕の名前を呼び、僕を応援してくれる。しかし、誰にも気づいてもらえず、誰からも応援してもらえない人がたくさんいる。」と話します。

戦争、災害、貧困等により深刻な食糧難に苦しむ人々の名前を体に刻み、多くの人が注目するゴールシーンで世界中に披露することで、このような人々の存在を広く訴え、支援を呼びかけたいと考えたイブラヒモビッチ選手。実際、彼の体に刻むことができたCarmen、Rahma、Antoine、Lida、Chheuy、Marikoなど50人の名前はそのごく一部でしたが、彼のアイディアは多くのファンの注目を集めることに成功しました。

タトゥーは一時的なペインティングだったそうですが、彼のタトゥーに込められた想いに心打たれた人も多かったのでないでしょうか。本動画は公開からわずか2日で200万回以上再生されています。ぜひ動画もご覧ください。

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/world-food-programme/ibrahimovic-new-tattoos