Case: Cable Car

自分の家の空いている部屋を旅行者向けに宿泊場所として提供するサイト・Airbnbが、フランスアルプスで実施しているアンビエント施策をご紹介します。

これまでもIKEAKLMオランダ航空とタッグを組んで、斬新な宿泊プランを作ることでPRを仕掛けてきた同社ですが、今回はアルプス山脈のあちこちにひかれているケーブルカーの一つを、Airbnb仕様の豪華で寛げる内装に変えてしまうという試みです。そのデザインがこちら。

高度9000フィート(2700メートル超)、アルプス山中に開かれたリゾート地クールシュヴェルで1泊することができるというこの特別宿泊プラン。ベッドは2台、最大宿泊人数は4名で、料金はタダ。

宿泊希望者はAirbnbの特設予約ページから宿泊希望日とともに、「宿泊したい理由」を記載して申し込むだけ。無事当選すると、スノーモービルで現地に案内してもらえ、ケーブルカーの中で夕食を楽しみ、地上9000フィートで特別な一夜を過ごすことができるといいます。

特設ページには、「目まいのする人はご応募はご遠慮ください。」という注意書きや、「近隣(?)に配慮ください。シャモア(カモシカ)は眠りが浅い動物として有名です。」、「曇った窓にあなたのフィードバックを残してください。」、「氷を追加でオーダーしないでください。」といった茶目っ気のある宿泊ルールが明記されています。

外観の写真は以下からご覧ください。

参考サイト

Airbnb
https://www.airbnb.co.uk/rooms/4596095/
Creative Criminals
http://creativecriminals.com/airbnb/cable-car
AdFreak
http://www.adweek.com/adfreak/airbnb-turns-ski-lift-above-french-alps-one-night-crash-pad-162827