Case: KLM & Airbnb

日本でも知名度が向上してきた、自分の家の空いている部屋を旅行者向けに宿泊場所として提供するサイト・「Airbnb」。そんな「Airbnb」を活用したKLM航空のPR施策をご紹介します。

以前『毎年恒例になっている「IKEA店舗でのお泊まり会」のPRとして、AirbnbにIKEA店舗を投稿する』という事例をご紹介しましたが、今回はKLM航空が過去使用していた機体を修復して、特別な宿泊施設としてAirbnbに投稿してユーザーに貸し出すという企画です。

今回募集している宿泊プランの収容人数は4名。ベッドルームは2室あり、バスルームは8室以上用意されています。機内ではwi-fiが利用でき、トースター、コーヒーメーカーなどがあるほか、快適な座り心地を誇るファーストクラスのイスを完備しています。

さらに、コクピットからのパノラマビューも楽しめるほか、朝食も用意されているといいます。

こちらの機体は、アムステルダム南西にあるスキポール空港の滑走路そばに駐車されており、宿泊を希望する人はAirbnbの当プラン専用ページから「宿泊したい理由」とともに申し込むだけ。無事当選すると、11月28日、29日、30日のいずれかの日に宿泊することができます。

なお、宿泊するにあたっての茶目っ気あるルール[注意事項]は以下の通り。

・飛びません。
・緊急脱出スライドを使ってはいけません。
・禁煙サインが表示されている際は、喫煙してはいけません。
・ジェットエンジンでマシュマロをあぶってはいけません。
・植物への水やりと、水槽の魚にエサをあげてください。
・アルコールの消費はご遠慮ください。
・あなた自身の飛行機を扱うように、私たちの飛行機を扱ってください。

その他機内の写真は以下からご覧ください。

KLM航空が手掛けたユニークなプロモーション事例に関心のある方は下記もご覧ください。
KLM航空の斬新なプロモーション(まとめ)

参考サイト

Airbnb
https://www.airbnb.jp/rooms/4516821