Case: Skip the checkout

スーパーで食料品などの買い物をする時、レジの順番を待つ時間が長いとイライラしてしまいますよね。特に夕方の込み合う時間帯や、急いでいるときなどはなおさらのこと。

そんなインサイトに着目したイギリスのスーパーマーケット・Sainsbury’sが、『待ち時間ゼロ』を実現する、スマホアプリを利用したョッピング方法を提案しています。(※現時点では実験段階であり、まだ実用化には至っていません)

その方法は以下の通りです。

1. 買い物に行く前にアプリを起動して、何を購入するかをリストアップしておく。

2. Sainsbury’sに行ってアプリに登録した商品を探し、品物のバーコードをスマホで読み取る。

3. レジには進まず、欲しい商品をそのまま自分の袋に入れて持ち帰る。支払いは家に帰ってからアプリを通して行えばオーケー。

こうすることでレジでの待ち時間はもちろん、精算した後の商品を袋詰めするのにかかる作業時間もカットすることができます。

消費者にとっても便利なうえ、人件費削減にもつながるという、素晴らしく画期的なアイディア。Sainsbury’sでは来年の実用化を目指しているそうです。

参考サイト

J Sainsbury plc
http://j-sainsbury.co.uk/media/latest-stories/2014/1109-the-end-of-lost-lists-and-wandering-the-aisles/