Case: SafeDrive

運転中に携帯電話を操作するのが大変危険なのは、誰もが知っていること。にも関わらず、“ながらスマホ”による交通事故が後を絶たないのは、「危ないのは知っているけれど、つい…」というドライバーが多いから。

事故の防止に必要なのは、『ドライバーが自分の意志で運転中にスマホを触らないこと』だと考えたルーマニアの交通安全啓発団体「SafeDrive」は、運転中のスマホ操作を防止するためのアプリ「SafeDrive」をリリースしました。

このアプリの特徴は『ポイント制度』を取り入れた点。ルールはとてもシンプルで、運転中にスマホを触らないでいると、ポイントを獲得することができます。ポイントは走行した距離に応じて付与され、安全運転すればするほどポイントが増えていくという仕組みです。

もしも(信号待ちの時間を含め)ドライバーが運転中にスマホの操作をしてしまった場合、それまで獲得したポイントはゼロに戻ってしまい、初めからやり直しに。

貯まったポイントは、SafeDriveが提携するオンラインショップでの買い物に使用することが可能。商品を割引価格で購入することができます。

いくら運転中のスマホ操作の危険性を訴えても、なかなか効果があがらない。であれば、別の角度からアプローチしてみよう、という試み。ゲーム感覚でプレイでき、さらにお得なポイントをもらえるとあれば、ドライバーのモチベーションアップにつながりそうです。

アプリは今のところandroidWindows Phoneに対応しています。

動画はコチラ

参考サイト

Springwise
http://www.springwise.com/app-rewards-touch-phone-driving/