Case: dumbbell & kettlebell

本日ご紹介するのは、スポーツジムがリニューアルオープンしたことを知らせる広告です。

日本であれば「価格」や「駅からの近さ」、「夏までに痩せる!」といったニーズ訴求が多い中、そのリニューアル感を全面に押し出すべく練られた表現がこちらです。

白い抽象的な空間の中心に置かれたダンベル。その表面にはペンキの雫がたくさん飛び散っています。

キャッチコピーは…

「New paint, new carpet and a new larger gym – Welcome to the newly renovated Friskis&Svettis Gärdet!(新しく塗装され、新しいカーペットが敷かれた、キレイで広いジム!改装されたばかりのFriskis&Svettisへようこそ!)」

改装時にペンキが飛び散り、ダンベルにかかったシーンを想像させることで、新しくてキレイなジムへと連想させていく巧みな表現です。

続いてのビジュアルも同様に、重りにペンキがかかっています。

スポーツジムは価格や立地・設備といったハード面以外で差別化がしにくいですが、こういった広告で好感度を上げて独自のブランドイメージを築く、というのもありだと思いました。

Written by Chiba Yuki

ユニークなジムの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のフィットネス、スポーツジムの斬新な広告14選

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/print/friskissvettis_stockholm_dumbbell
http://adsoftheworld.com/media/print/friskissvettis_stockholm_kettlebell