Case: Pain

タイの児童支援団体が実施した啓発広告。

児童虐待から子供を救うための活動に、市民の協力を呼びかける目的で実施したクリエイティブです。全2種類。

少年とその背後にいるおじいさん、少女とその背後にいるおばあさんがそれぞれ同じ姿勢で、体を触られて痛がっているというビジュアル。

コピーは以下の通り。

The pain lasts a lifetime. Help stop child abuse before it begins.
(その苦痛は一生涯続きます。それが始まる前に児童虐待を無くすため我々にご協力ください。)

幼いころに受けた虐待による体と心の傷は、一生涯続き、人生を左右するものになることを示唆しています。児童虐待の悲惨さを一瞬で伝える、視点が鋭い啓発広告でした。

参考サイト

adeevee
http://www.adeevee.com/2014/10/cpcr-the-center-for-the-protection-of-childrens-rights-foundation-pain-print/