Case:Huge surprise

ホンダがヨーロッパで販売するステーションワゴン・Civic Tourer。この車は大容量のトランクが特徴で、その大きさは幅が177cm、奥行は(後部座席を倒した場合)180cmにもなるそうです。

…と数字で言われても、どれだけの物が入るのかは見てみないとイメージしにくいですよね。そこでホンダは実際に色んなものを入れてみました。

まずはビーチセットと美女。ビーチチェアやパラソルなど、たくさん入っています。

お次は寿司職人と、ネタを入れるケース。

最後はカヤックに乗った男性。もちろんパドルも持っています。

これらを積んだCivic Tourerを、駐車場で働く警備員さんたちに見てもらったのです。警備員のおじさん達はお客さんの荷物を運ぶ手伝いをするため、毎日たくさんの車のトランクを開けます。そんな彼らでさえ驚くほどのトランクの容量なのですよ、と訴えているわけですね。

トランクに積む物を、ただの荷物ではなく“水着の美女”や“すし職人”にしてしまうあたり、ユニークな広告を多く展開しているホンダらしいプロモーションだと思いました。

世界各地でホンダが仕掛けた斬新な広告に関心のある方は下記もご覧ください。
ホンダのアイディアが光る広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/honda-civic-tourer/honda-civic-tourer-huge-surprise