Case: K9FM

「犬にとってより良い世界を実現する」ことをミッションに掲げる大手ドックフードブランド・ぺディグリーが、ニュージーランドで実施したアンビエントキャンペーン。

ニュージーランドでは飼い主が家を留守にする際、残された犬が寂しがってそれがストレスにならないように、ラジオをつけて外出するオーナーが大勢いるといいます。しかしながら、人間のためのラジオのため、犬にとって決して心地よいものではありません。

そこに目を付けたぺディグリーは、世にも珍しいワンちゃんのためのラジオチャンネル「K9FM」を開局しました。コンセプトは、Sit(お座り)、Stay(待て)、Enjoy(楽しんで)。

研究によると、クラシック音楽やリラックスした声が犬を落ち着かせ、飼い主と離れている不安を和らげてくれるといいます。さらに犬を飽きさせないために、一風変わった音を流すと適度な刺激に丁度いいそう。

このような観点から作り上げた、犬のためだけのオリジナルコンテンツが毎日いつでも「K9FM」で流されました。

この試みは、様々なメディアでパブリシティを獲得したそうです。

家に帰って飼い犬が元気そうにしていれば、そのオーナーもハッピーになれるという両者が幸せになれるユニークな企画でした。

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/online/pedigree_k9fm