Case: Trees save wildlife

インドはニューデリーで実施されたシリーズプリント広告事例。広告主は環境保全団体のWWF。

野生動物が生きて行く為には自然、特に木の存在が重要な役割を果たしていることを伝えるべく製作されたクリエイティブがこちら。

クマ、カバ、そしてパンダが、木のシルエットだけで描かれているクリエイティブ。ほぼ同じ形の木のシルエットを使っているのに、その大小の差を使って、巧みに3種の動物を浮かび上がらせました。

コピーは、“Trees save wildlife. Wildlife saves trees.(木は野生動物を救う。野生動物は木を救う。)”

WWFらしいシンプルなのに鋭いメッセージが光るプリントクリエイティブでした。

世界各地でWWFが仕掛けた広告に関心のある方は下記もご覧ください。
WWFの“刺さる”広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/archive