Case:Shot it, got it

スウェーデンの老舗デパート・Åhlénsが若者の来客数を増やすべく、インスタグラムを活用したプロモーションを実施しました。

Åhlénsのインスタグラムアカウントには、同社がピックアップした若者向けの商品を紹介した動画が掲載されています。ムービーはたくさんの静止画を繋ぎ合わせて作られたもので、再生すると、様々な商品の画像が早送りで流れます。

ユーザーは動画で流れる商品の画像を、スマートフォンの『スクリーンショット機能』を使って撮影し、見事商品がキャプチャ画像に映っていれば、その品を半額で購入できるという企画。

説明を聞いただけでは簡単そうに思えますが、商品画像は矢継ぎ早に流れてきますし、スクリーンショットボタンを押してから撮影されるまでに若干のタイムラグがあるので、ここだ!と思ったタイミングでスクリーンショットを撮っても、狙った瞬間を切り取ることは意外と難しいもの。見事撮影に成功した場合、その画像をハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿。その画面をお店のレジで見せると、撮影した商品を50%OFFで購入することができます。

単純なゲームではありますが、若者を中心とした多くのユーザーによって何千枚もの商品画像がインスタグラムに投稿され、さらに友達やフォロワーを通じて更に多くの人へリーチすることに成功しました。

ただ漫然と割引券やクーポンを配信するのではなく、簡単そうで難しいゲーム要素を盛り込むことで、新鮮で、しかも集客力アップが期待できるという、ユニークなアイディアが光る事例でした。

Instagramを活用した施策に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のInstagramプロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/online/ahlens_shot_it_got_it